2012年07月24日

長崎大水害

日付変わりましたが昨日7月23日は長崎大水害の日でした。
あれから30年たちました。

当時私は通っていた高校でバレー部の合宿中でした。
夜友人が「とにかく来て来て」って呼ぶもんで行ってみると学校の庭全体が池に変わってました。
校舎内にいたのでその時点ではうわぁって感じで物珍しさだけでした。
まさか長崎が大変な事態になっていたとは…

その頃母は小売店やっていて店舗にみるみる浸水してくる恐怖と闘っていたそうです。
2本の川が店の横を流れていて危険な場所でした。
小学生だった弟と妹は床下浸水状態での店のなかで長靴をはいて楽しんでいたとか…
母が島原へ単身赴任していた父にSOSしたそうですが
その時アルコール入っていたらしく帰って来れなかったのが後で考えると良かったのだと思えます。
残された母は弟妹を連れて避難の準備したそうです。
それぞれが流されてばらばらにならないように3人を結ぶ紐を準備したそうです。

その後自宅は被害はそれ以上にならず助かりました。
迫りくる恐怖の中で子供を守ろうとする母の強い愛情を感じます。



被害に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。


posted by KOMO♪ at 01:12| Comment(0) | ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: